アンテナ工事はリフォーム業者ではなく電気工事業者へ


リフォーム時のアンテナ工事で知っておきたいこと

リフォームをする際に、アンテナ工事はハウスメーカーではなく電気工事業者に依頼してください。ハウスメーカーでもアンテナ工事は行なっていますが、工事業者に依頼するほうがよりメリットがあります。

業者に依頼する2つの利点

  • 電波が弱い場合はそれを補うための工事が必要になるため、専門家に任せたほうが確実。
  • 電気工事業者では工事後のアフターフォローが丁寧で、不具合があれば直ぐに対応してもらえる。

これらのようなメリットがあるため、アンテナ工事は電気工事業者に依頼したほうがいいでしょう。

アンテナ工事の内訳とは

アンテナ

アンテナの取り付け、交換を依頼する時に気になることは、どのような工事かということとその工事の費用についてでしょう。ここでは工事の内容とその内訳について紹介します。工事を依頼する時の参考にしてみるといいです。

UHF取り付け工事
地デジ放送を受信するためには、UHF取り付け工事を行ないます。UHFは300MHzから3000MHzまでの極超短波という周波数のことです。地デジ放送は470MHzから770MHzを使用しているので、UHF取り付け工事をすれば問題なく受信することが可能です。この工事は、UHF専用受信アンテナが必要でそれを設置して終わりです。
ブースター工事
アンテナを取り付けても、電波が弱いせいで上手く受信できずにテレビの映りの悪いことがあります。その問題を解決するためには、ブースター工事を行ないます。ブースター工事を行なうことで電波を強くしてうまく受信することができるため、テレビの映りを良くすることが可能です。
分配工事
家族と一緒に住んでいる人の中には、テレビを数台使用することがあります。数台使用するには分配工事を行なう必要があるのです。電波を分配する工事を行なわないと、数台のテレビを使用することはできません。他にも、テレビを設置したいけどテレビコンセントが部屋にない場合もこの工事を行ないます。分配器を取りつけることで、受信した電波を分けることが可能です。

工事内容ごとの費用相場

  • ● UHF取り付け工事 20,000円~
  • ● ブースター工事 15,000円~
  • ● 分配工事    5,000円~

アンテナ取りつけの電気工事の費用相場はこのようになっています。工事費用にはアンテナの購入費用も含まれています。一般的なアンテナだと2,500円程度が相場です。性能の良いアンテナや、景観を良くするためのデザインアンテナを選ぶと費用は高くなります。これらのアンテナは7,000円~12,000円するため、費用を抑えたい場合は注意してください。

電気工事屋ならインターホンの取り付けにも対応可能

インターホンの交換、取り付けを行なう際に注意することは3つあります。それは高さと角度、設置する場所の3つです。電気工事業者ではアンテナ工事だけでなく、インターホンの取り付け工事も行なっているのです。電気工事業者ならば、インターホンの知識も豊富でどこに取りつければいいのか把握しています。低い位置に設置し、カバンが当たって誤作動を起こすというようなことや、モニターなどの角度を間違えて死角を作ったり、場所が悪くて音が聞こえにくかったりするということの心配もありません。

TOP_button