アンテナ工事とインターホンの交換を行なう時の参考に

インターホンを交換する必要性

インターホンは永久に使用できるものではない
人の訪問を伝えるインターホンには、実は寿命があり壊れてしまいます。家庭用のインターホンの寿命は10年で、マンションの場合は15年となっているのです。また、メンテナンスを怠ってしまったり雨に濡れたりすると更に短くなってしまいます。押しても音が聞こえないということが出てくるので、ある程度長く使っている場合は早めに交換しておくと安心です。
便利な最新機能
インターホンの交換を行なうならば、搭載されている機能に注目してみましょう。モニター付きの製品は、視野が広くなって広範囲の様子を確認できます。録画機能が搭載されているものは、留守中に訪れた人の映像と音声を記録でき、帰宅後にその時の訪問客の様子を見ながらメッセージを再生できます。

外観の美観性を保つ2つの方法

アンテナ以外の方法
地デジ放送を見るためにはアンテナ工事が必要ですが、他にはケーブルテレビに加入するという方法があります。アンテナを取り付けると、住宅の外観が悪くなると感じる人もいるでしょう。ケーブルテレビはケーブルを引くことでアンテナがなくても地デジ放送を見ることができ、外観を損ねることもありません。しかし、加入すると月額料金が発生するので、その点を知っておく必要があります。
目立たないアンテナ
最近では外観を意識する人達のために、デザインアンテナという製品が販売されています。これは従来のアンテナと違い、壁に取り付けるボックス型のアンテナなのです。ですから、取りつけても目立たないため、外観の雰囲気をそのままにしてテレビが見られます。様々な色があるので、それぞれの好みに合わせて取りつけることが可能です。
TOP_button